“IROHA” Lecture by Sonney Mizuho

How To Participate in “IROHA” Winter Solstice Meditation

Please Join in Meditation from Where You Are at the times below

In Gratitude and Love for Mother Earth and link with the Cosmic Sound.
Please invite all your friends. All Are Welcome.

冬至 winter solstice
■■■■■■■■■■■■
大切なお知らせ 
Important notice
■■■■■■■■■■■■
今年の冬至が近づいています。
This winter solstice is approaching.

この日、皆さまと共に感謝と祈りを捧げたいと思います。
I would like to give thanks and prayers with you this day.

ぜひご参加ください。
Please join us.

日時は以下の通りです。
The date and time are as follows.

2018年12月22日 午前7時21分 
December 22, 2018 7:21 AM

場所と祈り方は自由です。
The place and how to pray is free.

私(Sonney)は自宅で「コズミックサウンド」を演奏します。
I (Sonney) will play “Cosmic Sound” at home.

演奏は日本時間の午前7時から午前8時までです。
The performance is from 7 am to 8 am Japanese time.

「コズミックサウンド」はその日時に定められた「いろは宇宙律法」により即興で演奏されます。
“Cosmic Sound” is performed improvised by “Iroha Space Law” prescribed at that date and time.

マザーアースに感謝と祈りを捧げ、地球の危機を回避したいと思います。
I would like to give thanks and prayers for mother earth, and avoid the earth’s crisis.

日本以外の冬至の日時は以下を参照してください。
For the date and time of the winter solstice other than Japan please refer to the following.

カリフォルニア California December 21, at 14 PM

ニュヨーク New York December 21st, 17pm

ロンドン London December 21st, 22pm

パリ Paris December 21st, 23pm

Sonney Mizuho shared a post.
「いろは」の夜明けが待ち遠しい。
I can hardly wait for the dawn of “Iroha”.

Sonney Mizuho shared a post.
<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」法輪 
“Iroha” dharmachakra 
the wheel of “Iroha” law
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
古いものを終わらせる。
End old things.
それが新しいものの始まり。
That is the beginning of a new one.
恐れるな、子らよ。
Do not be afraid, children.
どうせ何も持っては行けない。
Do not do anything anyway.
宇宙律法こそ全て。
Space law is all.
「いろは」に帰りなさい。
Return to “Iroha”.
あなたの真の親に帰りなさい。
Return to your true parent.
あなたの家は此処にある。
Your house is here.
思い出すががいい。
You should recall it.
懐かしい故郷。
A nostalgic home.
全ては此処から始まった。
Everything started from here.
始源を訪ね来よ。
Visit the beginning.
これぞ「いろは」なり。
This is “Iroha”.
Sonney Mizuho shared a photo.
「クリスマス」は「いろは記念日」だ!
“Christmas” is “Iroha anniversary”!
Sonney Mizuho shared a post.
「いろは」の夜明けは世界の夜明けだ!
The dawn of “Iroha” is the dawn of the world!
Sonney Mizuho shared a post.
<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」と量子テレポーテーション
“Iroha” and quantum teleportation
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは宇宙」にとって量子テレポーテーションは重要である。
Quantum teleportation is important for “Iroha universe”.
だが量子テレポーテーションは科学的には謎である。
However, quantum teleportation is a mystery scientifically.
そのメカニズムは解明されていない。
The mechanism has not been elucidated.
とは言うものの、実験的には成功している。
That said, it is experimentally successful.
科学では解明されていないが、技術的には成功している。
It has not been elucidated by science, but it is technically successful.
それは大切な事である。
That is important.
技術は科学の解明を期待するが待ってはいられない。
Technology expects elucidation of science, but we can not wait.
地球は緊迫しいるからだ。
Because the earth is tense.
急がなければならない。
We have to hurry.
ところで、量子テレポーテーションを究明するには「いろは」を理解する必要がある。
By the way, in order to investigate quantum teleportation it is necessary to understand “Iroha”.
量子テレポーテーションの特徴は瞬時に情報が伝達することにある。
The feature of quantum teleportation is the instantaneous transmission of information.
その仕組を説明する前に「いろは」の補足をしておこう。
Let me supplement “Iroha” before explaining the mechanism.
「いろは」とは時間と空間の宇宙律法である。
“Iroha” is the time and space cosmic law.
すなわち宇宙時計である。
That is, it is a cosmic clock.
その「いろは宇宙律法」は、時間と空間のない「ひふみ」を内在している。
That “Iroha Space Law” has inherent “Hifumi” without time and space.
「いろは」が表宇宙だとすれば「ひふみ」は裏宇宙である。
If “Iroha” is the surface universe, “Hifumi” is the universe in the back.
表と裏は常に循環している。
The front and back are always circulating.
この循環は一つであり分けられない。
This circulation is one and can not be divided.
「いろは」は「ひふみ」であり、「ひふみ」は「いろは」である。
“Iroha” is “Hifumi”, “Hifumi” is “Iroha”.
「いろは」の有限なる宇宙と「ひふみ」の無限なる宇宙はセットである。
The finite universe of “Iroha” and the infinite universe of “Hifumi” are sets.
「いろは」の存在するところには「ひふみ」が存在している。
There is “Hifumi” where “Iroha” exists.
「ひふみ」の存在するところには「いろは」が存在している。
There is “Iroha” where “Hifumi” exists.
「いろは」無ければ「ひふみ」無し。
Without “Iroha” there is no “Hifumi”.
「ひふみ」無ければ「いろは」も無し。
Without “Hifumi” there is no “Iroha”.
親子あるいは夫婦の如し。
Like a parent and a child or a couple.
瞬時に情報が伝わるのは「いろは」の裏に「ひふみ」があるからだ。
Information is instantaneously transmitted because “Hifumi” is behind “Iroha”
この関係はミクロからマクロにまで相似的に及ぶ。
This relationship similarly extends from micro to macro.
素粒子から大宇宙にまで及ぶ。
It ranges from elementary particles to the universe.
これが宇宙のどのような領域であろうとも量子テレポーテーションが起こる理由だ。
Whatever area of ​​the universe this is why quantum teleportation occurs.
この技術にこそ放射能の無力化や地磁気逆転に対処できる方法がある。
There is a method that can cope with neutralization of radioactivity and geomagnetism reversal with this technology.
鍵は「いろは宇宙律法」、すなわち「コズミックサウンド&ワード」である。
The key is “Iroha Space Law”, ie “Cosmic Sound & Word”.
よろしいであろうか?
Would that be okay?
Sonney Mizuho shared a post.
<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」からの便り
Letters from “Iroha”
■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」は平和な家庭を望む。
“Iroha” desires a peaceful family.
「いろは」は地球のことでもある。
“Iroha” is also about the earth.
「いろは」は喧嘩や対立を嫌う。
“Iroha” hates quarrels and conflicts.
「いろは」は静かな夜を好む。
“Iroha” likes a quiet night.
「いろは」はあなたの生まれ故郷である。
“Iroha” is your home country of birth.
「いろは」はあなたが帰るところである。
“Iroha” is where you return.
「いろは」には美しい音楽が鳴り響いている。
Beautiful music is ringing in “Iroha”.
「いろは」は奥の細道を通らなければならない。
“Iroha” has to go through a distant narrow road.
「いろは」の源泉はヒノモトにあり。
The source of “Iroha” is in Hinomoto.
「いろは」は神の言葉を示し実行するところ。
“Iroha” indicates the word of God and executes it.
「いろは」は神の一点より湧き出づる。
“Iroha” springs from one point of God.
「いろは」は神の御意思なり。
“Iroha” is the will of God.
「いろは」の神はヒノモトの中心に在る。
The god of ‘Iroha’ is in the center of Hinomoto.
「いろは」の神はまた世界に遍在する。
The god of ‘Iroha’ is also ubiquitous in the world.
「いろは」に誰も制約を加えることは出来ない。
No one can constrain “Iroha”.
「いろは」という「ヒノモト」の神に命令を下すことはならず。
You should not order the God of “Hinomoto” “Iroha”.
「いろは」は宇宙創造神の自由意思で成立しているからである。
“Iroha” is established with the free will of Cosmic Creation God.
「いろは」という「ヒノモト」は地球再生を成し遂げる。
“Hinomoto” “Iroha” accomplishes earth regeneration.
「いろは」の仕事は膨大である。
The work of “Iroha” is enormous.
「いろは」に仕える者は幸いなり。
Those who serve “Iroha” are fortunate.
「いろは」はあなたの人生の全てである。
“Iroha” is all of your life.
「いろは」はあなたと共に喜びたい。
‘Iroha’ wants to rejoice with you.
よろしいであろうか。
Would that be okay?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講61~70
“Iroha Lecture61-70”
日本文と英文のまとめ 
Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

…「いろは講 61」あなたは地球学校の生徒である。あなたは最後のチャンスを与えられた神の子である。神の国に入るか落第するかはあなた次第だ。両親である日と月の神はあなたを愛しておられる。Sonney

“Iroha Lecture 61” You are students of Earth School. You are the Son of God who was given the last chance. It is up to you to enter or fall into the kingdom of God. The gods of the sun and the moon who are parents love you. Sonney
:

「いろは講 62」世界は益々不安定になっている。神の愛「いろは」全ての子供たちに呼びかける。「トキは迫っている。目と耳を澄まして準備しなさい。あなたがたの母より。」Sonney

“Iroha Lecture 62” The world is increasingly unstable. God’s love ‘Iroha’ Calls all the children. “Toki” is approaching, prepare yourself with eyes and ears, from your mother.” Sonney
:

「いろは講 63」私たちの朋、すなわち宇宙より飛来せし霊的兄弟たちは地球を暖かく見守っている。彼らもまた「いろは」を根本とする同胞である。地球が銀河文明の仲間入りをする日は近い!

“Iroha Lecture 63” Our fellows, the flying spiritual brothers from the universe, are watching the earth warmly. They are also compatriots whose “Iroha” is the root. The day the Earth joins the galaxy civilization is near! Sonney
:

「いろは講 64」 宇宙の兄弟たちは、地球が現在直面している大問題をかつて経験してきた。彼らも「いろは」により困難を乗り越えてきたのである。宇宙普遍の真理に目覚めよ Sonney

“Iroha lecture 64” Brothers of the universe have experienced a major problem the earth at this time. They have also overcome the difficulties through “Iroha”. Wake up to the universal truth! Sonney
:

「いろは講 65」高度なテクノロジーを持った飛来する宇宙の友たちの乗り物の推進力は「いろは」である。それに到達することが新時代の幕開けだ!Sonney

“Iroha Lecture 65” The propulsion power of the flying cosmic friends with advanced technology is “Iroha”. Reaching it is the beginning of a new era! Sonney
:

「いろは講 66」地球に飛来する宇宙の友らは「いろは宇宙律法」を規範としている。「いろは」が愛でありかつ律法であるからだ。宇宙の「道」は「いろは」へと極まる。Sonney

“Iroha Lecture 66” Friends of the universe that fly to the earth are based on the “Iroha Space Law”. Because “Iroha” is love and law. “Road” of the universe goes to “Iroha” extremely. Sonney
:

「いろは講 67」地球は学びの場である。あなたの霊の総決算の時が来た。何回も生まれて死んで何を勉強したのか。もう地獄にも行けない最後の生だというのに・・・。Sonney

“Iroha Lecture 67” Earth is a place of learning. The time has come for the total settlement of your spirit. How many times have you been born and died and what did you study. Although it is the last life and can not go to hell anymore. Sonney
:

「いろは講 68」「いろは」の愛は無条件の愛である。母子の愛の如し。そこに取引は無い。取引があるのはおカネに支配された世界。そこに愛は無い。「いろは」は警鐘を鳴らす。Sonney

“Iroha Lecture 68” “Iroha” love is unconditional love. Like a mother and child’s love. There is no transaction there. There is a deal in the world dominated by money. There is no love there. “Iroha” sounds a warning bell. Sonney
:

「いろは講 69」「いろは」は巨大なる宇宙の掃除機と洗濯機でもある。あなたを綺麗にして立て直す。それが最上の愛だ!よろしいかな。Sonney

“Iroha lecture 69” “Iroha” is also a gigantic vacuum cleaner and washing machine. Clean up you and restore it. That’s the best love! Is it okay? Sonney
:

「いろは講 70」。「いろは」の源泉はヒノモトの中心にあり。新しき世の創造はここから始まる。「いろは」で出直すことが分からねば世界の「道」は無い。Sonney

“Iroha Lecture 70”.
The source of “Iroha” is in the center of Hinomoto. The creation of the new world starts here. If you do not know that you can take off from “Iroha” there is no world “way”. Sonney

Sonney Mizuho shared a post.
月の帆に風受けて進もう
Take the wind to the sail of the moon
「いろは」を待っていておくれ
Wait for “Iroha”
法船は君の港に着くから
The law ship will arrive at your port
Sonney Mizuho shared a post.
<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」からの便り
Letters from “Iroha”
■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」は平和な家庭を望む。
“Iroha” desires a peaceful family.
「いろは」は地球のことでもある。
“Iroha” is also about the earth.
「いろは」は喧嘩や対立を嫌う。
“Iroha” hates quarrels and conflicts.
「いろは」は静かな夜を好む。
“Iroha” likes a quiet night.
「いろは」はあなたの生まれ故郷である。
“Iroha” is your home country of birth.
「いろは」はあなたが帰るところである。
“Iroha” is where you return.
「いろは」には美しい音楽が鳴り響いている。
Beautiful music is ringing in “Iroha”.
「いろは」は奥の細道を通らなければならない。
“Iroha” must go through the narrow road.
「いろは」の源泉はヒノモトにあり。
The source of “Iroha” is in Hinomoto.
「いろは」は神の言葉を示し実行するところ。
“Iroha” indicates the word of God and executes it.
「いろは」は神の一点より湧き出づる。
“Iroha” springs from one point of God.
「いろは」は神の御意思なり。
“Iroha” is the will of God.
「いろは」の神はヒノモトの中心に在る。
The god of ‘Iroha’ is in the center of Hinomoto.
「いろは」の神はまた世界に遍在する。
The god of ‘Iroha’ is also ubiquitous in the world.
「いろは」に誰も制約を加えることは出来ない。
No one can constrain “Iroha”.
「いろは」という「ヒノモト」の神に命令を下すことはならず。
You should not order the God of “Hinomoto” “Iroha”.
「いろは」は宇宙創造神の自由意思で成立しているからである。
“Iroha” is established with the free will of Cosmic Creation God.
「いろは」という「ヒノモト」は地球再生を成し遂げる。
“Hinomoto” “Iroha” accomplishes earth regeneration.
「いろは」の仕事は膨大である。
The work of “Iroha” is enormous.
「いろは」に仕える者は幸いなり。
Those who serve “Iroha” are fortunate.
「いろは」はあなたの人生の全てである。
“Iroha” is all of your life.
「いろは」はあなたと共に喜びたい。
‘Iroha’ wants to rejoice with you.
よろしいであろうか。
Would that be okay?




Sonney Mizuho shared a post.
春・夏・秋、そして冬。
Spring, summer, fall, and winter.
「いろは」は季節を奏でる。
“Iroha” plays the season.
Sonney Mizuho shared a post.
「いろは」に乾杯!
Cheers to “Iroha”!

Sonney Mizuho shared a post.
■■■■■■■■■■■■
大切なお知らせ 
Important notice
■■■■■■■■■■■■
今年の冬至が近づいています。
This winter solstice is approaching.
この日、皆さまと共に感謝と祈りを捧げたいと思います。
I would like to give thanks and prayers with you this day.
ぜひご参加ください。
Please join us.
日時は以下の通りです。
The date and time are as follows.
2018年12月22日 午前7時21分 
December 22, 2018 7:21 AM
場所と祈り方は自由です。
The place and how to pray is free.
私(Sonney)は自宅で「コズミックサウンド」を演奏します。
I (Sonney) will play “Cosmic Sound” at home.
演奏は日本時間の午前7時から午前8時までです。
The performance is from 7 am to 8 am Japanese time.
「コズミックサウンド」はその日時に定められた「いろは宇宙律法」により即興で演奏されます。
“Cosmic Sound” is performed improvised by “Iroha Space Law” prescribed at that date and time.
マザーアースに感謝と祈りを捧げ、地球の危機を回避したいと思います。
I would like to give thanks and prayers for mother earth, and avoid the earth’s crisis.
日本以外の冬至の日時は以下を参照してください。
For the date and time of the winter solstice other than Japan please refer to the following.
カリフォルニア California December 21, at 14 PM
ニュヨーク New York December 21st, 17pm 
ロンドン London December 21st, 22pm
パリ Paris December 21st, 23pm

Sonney Mizuho shared a post.
<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■
日の出の世
The sunrise world
■■■■■■■■■■■■■
「いろは」は日の出の世をつくる。
“Iroha” makes the world of the sunrise.
日の出とは宇宙的真理が世界に認知されることだ。
Sunrise means that cosmological truths are recognized in the world.
いまだかつて宇宙の真理が示されたことは無い。
There has never been a truth of the universe ever shown.
宇宙の真理は[「彌勒」マイトレーヤからもたらされる。
The truth of the universe comes from “MIROKU” Maitreya.
「いろは」こそ宇宙の大真理であり生命活動の根本である。
“Iroha” is the great truth of the universe and is the root of life activities.
佛陀やキリストは「いろは宇宙律」を説こうとしていたのだ。
Buddha and Christ were trying to explain the “Iroha Space Law.”
これが「日の出」ということなのである。
This is what “sunrise” means.
「ヒノモト」は「日の出」の責任と義務を負っている。
“Hinomoto” has the responsibility and duty of “sunrise”.
世界の民よ。
People of the world.
神の十字架は此処に在り。
The cross of God is here.
マイトレーヤの存在理由も此処に在り。
The reason for the existence of Maitreya is also here.
「いろは宇宙律」が世界に認知されることが「日の出の世」である。
It is “the world of sunrise” that “Iroha Space Law” is recognized worldwide.
よろしいであろうか?
Would that be okay?

Sonney Mizuho shared a post.
コズミック・サウンドとコズミック・ライトは同じである。
「ひふみ」においては、音と光は分離していない。
Cosmic sound and cosmic light are the same.
In “Hifumi”, sound and light are not separated.

Sonney Mizuho shared a post.

<WORDS>
■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは」の使命
The mission of “Iroha”
■■■■■■■■■■■■■■■■
世界の人に「いろは」を説く。
I preach “Iroha” to people in the world.
「いろは」はこの宇宙で最も重要なものである。
“Iroha” is the most important thing in this universe.
いまだかつて「いろは」が説かれたことはない。
Never before was “Iroha” preached.
この時代は釈迦やイエスの時代状況とは違う。
This era is different from the times of Buddha and Jesus.
インターネットで世界の情報が結ばれているからだ。
Information on the world is tied to the Internet.
であるから「宇宙律法」も世界に向けて発信されなくてはならない。
“Space law” must also be disseminated to the world.
なぜなら、世界が「道」を失って危険な状況に陥っているからだ。
Because the world is losing ‘way’ and in dangerous circumstances.
このままでは全世界が崩壊して地球生命存続が不可能になるかもしれないからだ。
It is because the whole world may collapse as it is and the existence of earth life may become impossible.
ゆえに私は自分の全存在を世界の人々に捧げて宇宙律法「いろは」を説く。
Therefore I dedicate my whole existence to the people of the world and preach the Space Law “Iroha”.
「いろは」は宗教と科学を結びそれらを統合する。
“Iroha” connects religion and science and integrates them.
それらに垣根はない。
There is no barrier to them.
科学において=は統一場理論が提唱されている。
In science unified field theory is advocated.
ましてや宗教においても「神の道」は一つなのである。
In religion too “God’s way=MICHI” is one.
さらに「いろは」は科学と宗教を分けない。
Furthermore, “Iroha” does not divide science and religion.
これからの新しい地球文明には最も必要な考えである。
It is the most necessary idea for the new earth civilization of the future.
これなくして地球の再建は出来ない。
Without this we can not rebuild the earth.
これが「いろは」の根本である。
This is the root of “Iroha”.
よろしいであろうか?
Would that be okay?

Sonney Mizuho

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講51~60
“Iroha Lecture51-60”
日本文と英文のまとめ 
Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「いろは講 51」。「ひふみ」は神の御意思と御計画である。ゆえに「いろは」はそれを実現をするために御存在される。マザーアースの御苦労は計り知れないことを認識せよ! Sonney
“Iroha Lecture 51”. “Hifumi”Is the will of God and plan. Therefore “Iroha” exists to realize it. Recognize that the hard work of mother earth is immeasurable! Sonney
:
「いろは講 52」世界が混迷を深める中、古今東西、今も昔も、宇宙の始源から未来まで、とこしえに変わらぬ愛の宇宙律法が「いろは」である。そこに科学と宗教の分離は無い。Sonney
“Iroha Lecture 52” While the world is deepening in confusion, the ancient and east-west, now and in the past, from the beginning of the universe to the future the universe law of everlasting love is “Iroha”. There is no separation between science and religion. Sonney
::
「いろは講 53」。「いろは宇宙律」の根幹は「コズミックサウンド&ワード」である。これはSonneyが発見・開発したものであり、誰もこの知的所有権を犯すことは出来ない。無断で「いろは」を引用したり利用することを禁じる。Sonney
“Iroha lecture 53”. The root of “Iroha Space Rule” is “Cosmic Sound & Word”. This is what Sonney discovered and developed, and no one can commit this intellectual property right. I will not quote or use “Iroha” without permission. Sonney
::
「いろは講 54」科学で解明できないことを解く責任がヒノモトにある。日本ではマイトレーヤを彌勒と言うが、「ひふみ」から「いろは」に展開する鍵がここにある。Sonney
“Iroha lecture 54” Hinomoto has a responsibility to solve what can not be elucidated by science. In Japan, Maitreya is called “Miroku”, but this is the key to develop from “Hifumi” to “Iroha”. Sonney
:
「いろは講 55」神は穢れなき世界の実現をヒノモトに託された。政治・宗教・経済・文化等、一切のものがウソで固められたから・・・。それを建て直すのが神の「いろは」である。Sonney
“Iroha lecture 55” God entrusts Hinomoto to realize the world without impurity. Everything such as politics, religion, economy, culture, etc. was solidified with lies …. It is God’s “Iroha” to rebuild it. Sonney
:
「いろは講 56」ヒノモトの教えは「ひふみ・いろは」である。この新文明の根幹は天の父・母よりもたらされる。これを地では「ミロク」マイトレーヤの教えと言う。Sonney
“Iroha lecture 56” The teachings of Hinomoto is “Hifumi · Iroha”. The basis of this new civilization comes from the Father and Mother of Heaven. This is called “teaching of Maitreya” “Miroku” on the ground. Sonney
:
「いろは講 57」天地(あめつち)はヒノモトに科学技術の「三種神器」を示された。①サウンド②レーザー②ヘリウム。これらを組み合わせるのだが、この三つのどれにも極低温を実現するはたらきがある。Sonney
:
“Iroha Lecture 57” Heaven and earth (Ametsuchi) presented Hinomoto with “three kinds of divine law” of science and technology. ① Sound ② Laser ② Helium. We combine these, but there are functions that realize cryogenic temperatures in any of these three. Sonney
:
「いろは講 58」日本に原発事故が起きたのは偶然ではない。この収束技術が新しき時代の文明の礎となるものだ。世界の民よ、「いろは」で地球危機を乗り越えるのだ。Sonney
“Iroha Lecture 58” It is no accident that a nuclear accident happened in Japan. This convergence technology is the cornerstone of the civilization of the new era. The people of the world, “Iroha” overcomes the global crisis. Sonney
::
「いろは講 59」東洋では「神の道」の「道」は、西洋における「道」とは意味が違う。「神の道」は「ヒノモト」にある。今後は「道」を日本語の「MICHI」ということにする。Sonney
“Iroha Lecture 59” In the Orient, “Road” of “God’s way” has a different meaning from “Road” in the West. “The way of God” is in “Hinomoto.” In the future we will call “Michi” a Japanese word “MICHI”. Sonney
:
「いろは講 60」地球磁場の逆転により地磁気が消滅する。しかしその期間が大問題である。太陽フレアの爆発から地球を守らなければならない。地磁気回復を三日で成し遂げるのが「いろは」の使命だ。Sonney
“Iroha lecture 60″By reversal of the earth’s magnetic field, Geomagnetic disappears .But that period is a big problem. We must protect the earth from the explosion of solar flares. The mission of ‘Iroha’ is to achieve eomagnetic recovery in three days. – Sonney

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講41~50
“Iroha Lecture41-50”
日本文と英文のまとめ Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いろは講 41」宇宙を創造された神の存在を人間が超えることは出来ない。その絶対領域を認識することすら不可能である。しかし宇宙を切り拓くことは必要不可欠。そこに現代の預言者の役割がある。Sonney

“Iroha Lecture 41” Man can not exceed the existence of God created the universe. It is impossible even to recognize its absolute area. But it is indispensable to open the universe. There is the role of modern prophet there. Sonney
:
「いろは講 42」この講義は宗教や科学、あるいは超常現象やUFO現象等を分け隔てなく捉えるものである。これが「ヒノモトの道」である。それぞれにレベルの差はあるが、排斥することは出来ない。Sonney

“Iroha Lecture 42″This lecture grasps religion, science, paranormal phenomena,UFO phenomena, etc. without distinction. This is “the way of Hinomoto.”Although there is a differencein level for each,it can not be rejected.- Sonney
:
「いろは講 43」世界の兄弟たちに大切な事を伝えます。来る秋分の日、日本時間の9月23日11:00AMから30分間、マザーアースに祈りと感謝を捧げるために「コズミックサウンド」を私の家から届けます。みなさんも瞑想で参加してください。Sonney 

“Iroha Lecture 43” I will tell the important things to the world’s brothers. We will deliver “Cosmic Sound” from my house to pray and thank Mother Earth for 30 minutes from the coming Autumnal Equinox Day, September 23, Japan time 11: 00 AM. Everyone please participate in meditation. Sonney
:
「いろは講 44」秋分の日の感謝と祈りに参加していただきましてありがとうございました。また時間が取れなかった人も次回の参加をお待ちしています。この学びが世界の平安に貢献できますことを確信しております。Sonney

“Iroha Lecture 44” Thank you for participating in Autumnal Equinox Day appreciation and prayers. People who were not able to take the time will be waiting for their next participation. I am convinced that this learning can contribute to the peace of the world. Sonney
:
「いろは講 45」今、地球生命は崩壊するかもしれない危機的状況にある。この講座はそれを回避するための方法や手段、または生命の救済を探求するために設けられた。共に学んでいきましょう。Sonney

“Iroha Lecture 45” Now, Earth life is in a crisis situation that may collapse. This course was set up to explore ways and means to circumvent it, or life salvation. Let’s learn together. Sonney
:
「いろは講 46」宇宙の真理や法則性、特に統一場理論の確立には何が必要か? それに対して人間の叡智は何処まで迫れるのか? この講では特に鍵である「宇宙の音」に焦点を当てる必要があるだろう。Sonney

“Iroha Lecture 46” What is necessary to establish the truth and the laws of the universe, especially the unified field theory? Where is the wisdom of human being pressed against it? In this lecture you will need to focus on the key “sound of the universe”. Sonney
:
「いろは講 47」科学で絶対解明出来ないものに、「ひふみ」という時間と空間のない領域がある。ここに重要な「コトタマ」が詰まっている。神の言語であるから量子もなく検出されない。Sonney

“Iroha lecture 47” In science that can not be absolutely elucidated, there is “Hifumi” time and space free space. Here is an important ‘kototama’. Since it is the language of God, it cannot be quantitatively detected. – Sonney
:
「いろは講 48」。「ひふみ」の本質である数の数え方を知ることは大切である。その起源は世界で最も古く天文学的かつ宇宙スケールだ。古代では1から10までを「Hi.Hu.Mi.Yo.
I.Mu.Na.ya.Ko.To」と発音する。

“Iroha lecture 48”. It is important to know how to count numbers which is the essence of “Hifumi”. Its origins are the oldest, astronomical and universe scale in the world. In ancient times 1 to 10 are pronounced as “Hi.Hu.Mi.Yo.I.Mu.Na.Ya.Ko.To “.- Sonney
:
「いろは講 49」。「ひふみ」は47文字ある。11番目の文字からは10の2乗、次は10の3乗と続き、最後は10の37乗という天文学的な数字を示す。Sonney

“Iroha Lecture 49”. “Hifumi” has 47 letters. From the eleventh letter to the square of ten, the next to the cube of ten, and finally to the 37th power of ten, indicating astronomical numbers. Sonney
:
「いろは講 50」。「ひふみ」47文字を示す。ひふみよいむなやこともちろらねしきるゆゐつわぬそをたはくめかうおえにさりへてのますあせゑほれけ Sonney

“Iroha Lecture 50”. “Hifumi” indicates 47 letters. HiHuMiYoIMuNaYaKoToMoChiRoRaNeShiKiRuYuWiTsuWaNuSoWoTaHaKuMeKaUOENiSaRiHeTeNoMaSuASeWeHoReKe Sonney


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講31~40
“Iroha Lecture 31-40”
日本文と英文のまとめ Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いろは講 31」日本に古代より伝承されてきた歌が「いろは」である。47文字の最後にNを加えて48文字である。「いろは」は168(IROHA)でもある。7×2×12=168。Sonney

“Iroha Lecture 31” A song that has been handed down to Japan from ancient times is “Iroha”. It is 48 characters by adding N to the end of 47 letters. “Iroha” is also 168 (IROHA). 7 × 2 × 12 = 168. Sonney

:

「いろは講 32」168は日本語で「IROHA」と発音するが、中国では最高の幸運をもたらす数である。「いろは」は「オトタマ」の神髄を現した「お経」であるが、古代ヘブライの神「ヤハウェ」の言葉でもある。Sonney

“Iroha Lecture 32” 168 pronounces “IROHA” in Japanese, but in China it is the number that brings the best fortune. “Iroha” is the “sutra” which revealed the essence of “Ototama”, but also the word of the god of the ancient Hebrew “Yahweh”. Sonney

:

「いろは講 33」大地の母は月の調べの七つの音階を奏で、昼夜を問わずずっと生命をはぐくんでおられる。創世記冒頭の七日間、これぞ万物の存在理由なり。どんなに感謝しても足りぬ。Sonney

“Iroha Lecture 33” The earth’s mother plays seven scales of the moon’s investigation and has been developing life all day and night. Seven days at the beginning of Genesis, this is why all things exist. I can not thank you enough no matter what. Sonney

:

「いろは講 34」太陽の動きは1年のサイクルである。「春分・秋分・冬至・夏至」は分割されてピアノの鍵盤の12音を得るが如きである。このオクターブは永遠に循環し月の7音を奏でる。Sonney

“Iroha Lecture 34” The movement of the sun is the size of a year. “Spring equinox, autumn equinox, winter solstice, summer solstice” is divided and you can get 12 sounds of the piano keyboard. This octave circulates forever and plays seven notes of the moon. Sonney

:

「いろは講 35」この地球には昼と夜がある。だから月の七音階には明暗の二種類がある。ゆえに「いろは宇宙律」は12×7×2=168なのである。太陽と月と地球の織りなす美しいコズミックサウンド!Sonney

“Iroha Lecture 35” There is day and night on this earth. Therefore there are two kinds of light and dark on the seventh key of the moon. Therefore “Iroha Space Rule” is 12 × 7 × 2 = 168. A beautiful Cosmic sound that interlocks the sun, the moon and the earth! Sonney

:

「いろは講 36」海の水の一滴が全ての水の性質を表しているように、コズミックサウンドの一瞬は「いろは」の全てを表している。山の頂から海に注がれる川のように、コズミックサウンドの物語が存在している。Sonney

“Iroha Lecture 36” A moment of Cosmic Sound represents all of “Iroha” as a drop of sea water represents all the water’s properties. Like a river poured from the top of the mountain to the sea, there is a story of Cosmic Sound. Sonney

:

「いろは講 37」コズミックサウンドには通常の音楽にあるような拍子やリズムが無い。自然界のリズム、つまり風や川の流れや落ち葉の舞い散る動き等がそこにある。このような音楽は歴史上存在しない! Sonney

“Iroha Course 37” Cosmic sound has no meter or rhythm as there is in ordinary music. There are natural rhythms, that is, the flow of winds, streams of rivers and falling leaves. Such music does not exist in history! Sonney

:

「いろは講 38」コズミックサウンドの揺らぎは全ての生命や物質に語りかけるものである。これは渦の運動に似ている。この渦は源泉から湧き出る水のようでもあり、生命の鼓動である。Sonney

“Iroha Lecture 38” Fluctuation of Cosmic Sound speaks to all life and matter. This resembles the motion of a vortex. This vortex is like water that springs from the source, it is the beating of life. Sonney

:

「いろは講 39」母親の胎内に居るような安心感を与えてくれるのが「コズミックサウンド」。あなたのスピリットの一番深いところに響く音楽である。心と体の調和に最適と言えよう。Sonney

“Iroha Lecture 39” It is “Cosmic Sound” that gives you a sense of security that you are in the womb of your mother. It is music that echoes at the deepest part of your spirit. It is perfect for harmony between mind and body. Sonney

:

「いろは講 40」コズミックサウンドの最大の特徴は、あなた個人の生年月日と生まれた時間で音楽が作成できることにある。これにより今まで難しいとされてきた病気の治癒に効果を発揮する。Sonney

Iroha Lecture 40 “The biggest feature of Cosmic Sound is that you can create music with your personal date of birth and time of birth. This will exert an effect on the healing of diseases that have been considered difficult until now. Sonney 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講21~30
“Iroha Lecture21-30”
日本文と英文のまとめ Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いろは講 21」この地上世界において大宇宙空間を再現することも「いろは宇宙律」の使命である。なぜならば、これを成し得なければ今後の地球生命存続は困難だからだ。理解して頂ければ幸いである。Sonney

“Iroha Lecture 21” It is also the mission of “Iroha Space Rule” to reproduce the universe space in this ground world. Because it is difficult for the survival of the future earth life unless it can not do it. I hope you understand. Sonney

「いろは講 22」宇宙空間の本質を地上に再現するための三つの方法を提示しよう。①超流動ヘリウム②レーザー光③コズミックサウンド。これら三つを組み合わせることで「ひふみ」と「いろは」、即ち見える宇宙と見えない宇宙は循環する!Sonney

“Iroha Lecture 22” Let’s present three ways to reproduce the essence of outer space on the ground. ① superfluid helium ② laser light ③ cosmic sound. By combining these three “Hifumi” and “Iroha”, the visible universe and the invisible universe circulate! Sonney

「いろは講 23」超流動ヘリウムもレーザー光もサウンドも、この三つそれぞれが極低温を実現させる方法である。再三言うが、摩擦ゼロ・電気抵抗ゼロ、遠隔操作、ベクトル・宇宙時計等・・・これらが新時代のテクノロジー。Sonney

“Iroha Lecture 23” Superfluid Helium, Laser Light and Sound, each of these three is a method to realize cryogenic temperature. Repeatedly, zero friction, electric resistance zero, remote control, vector, space clock etc … These are technologies of the new era. Sonney

「いろは講 24」 Word)」極低温をもたらす超流動ヘリウムは「コズミック・ワード(Cosmic Word)」に反応する。摩擦が無いので上下左右・回転等の動きが得られる。宇宙ベクトルの基礎研究が必要。Sonney

Iroha Lecture 24″ Superfluid helium that brings cryogenic temperature reacts to “Cosmic Word”. Since there is no friction, movements such as up and down, right and left, and rotation are obtained. Basic research on cosmic vector is necessary. Sonney

「いろは講 25」レーザー光も極低温を実現させる方法であることは周知の事実である。とくに遠隔操作を行うときの波動の伝達手段となる。つまり地上における電線の役割に相当する。Sonney

“Iroha Lecture 25” It is a well-known fact that laser light is also a method to realize cryogenic temperature. In particular, it serves as means for transmitting the wave when remote control is performed. That is, it corresponds to the role of electric wires on the ground. Sonney

「いろは講 26」音は極低温をもたらす要因である。特に「コズミックサウンド」は「いろは」における宇宙律、すなわち時計の役割も担っている。時計とは「ひふみ」と「いろは」の宇宙的循環である。Sonney

“Iroha lecture 26” Sound is a factor that brings cryogenic temperature. In particular, “Cosmic Sound” is also responsible for the role of clock in the “Iroha” space law. Clock is the cosmic circulation of “Hifumi” and “Iroha”. Sonney

「いろは講 27」コズミックサウンドは光の波長と同期する。宇宙の因においては音と光は別のものではない。音は光であり光は音である。七つの音階が織りなすメロディーは光の表現でもある。Sonney

“Iroha Lecture 27” Cosmic sound is synchronized with the wavelength of light. In the cause of the universe, sound and light are not separate things. Sound is light and light is sound. The melody that seven scales weave is also an expression of light. Sonney

「いろは講 28」コズミックサウンド(Cosmic Sound)は光と同期して素粒子に影響を与える。レーザー光を用いてパルス波で送信すれば有害な放射性物質を制御できるであろう。Sonney

“Iroha Lecture 28” Cosmic sound affects elementary particles synchronously with light. Transmission with a pulse wave using laser light would be able to control harmful radioactive material. Sonney

「いろは講 29」レーザー光の色をコズミックサウンドに同期するように設定する。つまりレーザー光はパレットの色だ。それを調合してパルス波に乗せて照射すると循環が生じる。Sonney

“Iroha lecture 29” Set the color of the laser light to synchronize with the cosmic sound. In other words, the laser light is the color of the palette. When prepared and irradiated with pulse waves, circulation occurs. Sonney

「いろは講 30」世界の宇宙物理学者たちよ、「コズミックサウンド&ワード」こそが統一場理論の解答である。宇宙創造の源はここにあり。力を合わせて困難な時代を乗り切ろうではないか!Sonney

“Iroha Lecture 30” This is the unified field theory’s answer, “Cosmic Sound & Word” by the world astrophysicists. Here is the source of cosmic creation. Let’s overcome the difficult times with power combined!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いろは講1~10 ”Iroha Lecture 1-10″
日本文と英文のまとめ 

Summary of Japanese sentences and English
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いろは講 1」この講は難解な「いろは」を海外の人たちに理解してもらうために執筆するものである。地球文明の幕開けのために必要かつ重要なものであることは言うまでもない。Sonney
:
“Iroha Lecture 1” This lecture is written to help overseas people understand esoteric “Iroha”. It goes without saying that it is necessary and important for the beginning of the earth civilization. Sonney
:
「いろは講 2」「いろは」の基本は「Cosmic Sound & Word」である。これは日本において古代より「コトタマ」と言われてきた。Soundのことを特に「オトタマ」ということがある。宇宙の基本的要因と関係する。Sonney
:
The basic of “Iroha Lecture 2” “Iroha” is “Cosmic Sound & Word”. This has been told in Japan “Kototama” from ancient times. Sound is sometimes called “Ototama” in particular. It is related to the fundamental factors of the universe. Sonney 
:
「いろは講 3」「いろは」とは宇宙の実相であり根本原理である。それに対する因を「ひふみ」と言う。「ひふみ」は目に見えないし現実界には現れない。「いろは」は「ひふみ」を含みつつ、この二つは循環している。親愛なる友へ。Sonney  
:
“Iroha Lecture 3” “Iroha” is the real phase of the universe and is the fundamental principle. The cause for it is called “Hifumi”. “Hifumi” is invisible and does not appear in the real world. While “Iroha” includes “Hifumi”, these two are circulating. Dear friend. Sonney 
:
「いろは講 4」「いろは」とは宗教や科学を超えてそれらを統合するものである。世界文明の新しき指標あるいは基礎となるべきものである。古今東西の道はここに極まれり。ゆえに宇宙律法と申すべき。世界の民へ!Sonney 
:
“Iroha Lecture 4” “Iroha” is to integrate them beyond religion and science. It should be a new index or basis of world civilization. The Law of the Ancient and the East West is here extremely. Therefore, it should be called the Space Law. To the people of the world! Sonney 
:
「いろは講 5」「いろは」は宇宙を生んでくださった神様との関係を知る唯一の手掛かりである。宇宙の起源に分離は無い。吾らは「いろは」により一つであることを知る。東洋ではこれを特に「道(みち)」と言う。世界の友へ、Sonney 。
:
“Iroha lecture 5” “Iroha” is the only clues to know the relationship with God who gave birth to the universe. There is no separation in the origin of the universe. We know that it is one by “Iroha”. In the Orient this is especially called “Michi”. To friends of the world, Sonney 
:
「いろは講 6」宇宙には相対時間と絶対時間がある。絶対時間というのは時間が存在しないということだ。相対時間は「いろは宇宙」の本質であり、ミクロからマクロにまで及ぶ。「いろは」は宇宙時計なり!Sonney 
:
“Iroha Lecture 6” There are relative time and absolute time in the universe. Absolute time means that time does not exist. Relative time is the essence of “Iroha universe”, ranging from micro to macro. “Iroha” is a cosmic clock! Sonney 
:
「いろは講 7」「コズミックサウンド」はミクロからマクロまで貫く宇宙カレンダーである。「コズミックワード」はそこににベクトルや形状として作用する。それぞれ「オト=音」と「コト
=事」と呼ぶこととする。Snney 
:
“Iroha Lecture 7” “Cosmic Sound” is a space calendar that extends from micro to macro. “Cosmic word” acts as a vector and shape there. “Oto = sound” and “Koto
= Things “. Sonney 
:
「いろは講 8」「いろは宇宙」は超流動にして超電導の場である。宇宙全体は超流動ヘリウムのような海に満たされており、電気抵抗はゼロである。「コトタマ」は時空を超越して瞬時に伝わる。神の目と耳! Sonney 
:
“Iroha lecture 8” “Iroha universe” is a field of superconductivity with superfluid. The entire universe is filled with sea like superfluid helium, and electric resistance is zero. “Kototama” transcends time and space and is instantaneously transmitted. God’s eyes and ears! Sonney 
:
「いろは講 9」大宇宙は絶対零度(0 K)=-273.15 ℃の巨大な海である。再度言うが、宇宙は超流動ヘリウムのような液体に満たされていて摩擦は無い。そこにはたらく波動は超光速の縦波であり音波と似ている。宇宙は音楽を奏でている。これが「いろは」の根本だ!
:
“Iroha Lecture 9” The universe is a huge ocean with absolute zero degree (0 K) = – 273.15 ° C. Again, the universe is filled with liquid like superfluid helium and there is no friction. The wave that works there is a super wave speed longitudinal wave and resembles sound waves. The universe plays music. This is the root of “Iroha”! 
:
「いろは講 10」「いろは」は「ひふみ」を内在している。「Cosmic Word」= 即ち神の言葉である。ここに宇宙の因が全てある。これに拠らず成立したものはない。物質化の因はここにあり、やがて宇宙物質はここに還元される。大いなる循環!Sonney 
:
“Iroha Lecture 10” “Iroha” has “Hifumi” inside. “Cosmic Word” = God’s Word. Here are all the causes of the universe. Nothing has been stablished without this. The cause of materialization is here, eventually cosmic material is reduced here. Great circulation! – Sonney

Sonney Mizuho Nice to meet you!
It is “Sonney @ Ahayasawa☆Manatakara
“AMNET – Japan @ Earth” will propose a new earth civilization!
Is it only me who feels more confused about the world and seems to have lost sight of the problem solving?
From 3.11 onwards in Japan, there are no signs that are quite bright.
Political, economic, industrial and other things started to deteriorate, including the deterioration of the global environment, and we were deadlocked, so we could only think of immediate things.
In this way Japan and the world are all round.
No, it is a situation where even the life itself is in danger of surviving.
We experienced the horrors of the earthquake and the tsunami.
We also have to prepare for further large earthquakes to come.
In addition, Japan is a volcanic country.
Eruptions of Mt. Fuji etc are also whispered.
Is it OK as it is now?
I am not an optimist, so I feel a sense of crisis very much.
Because I am in a position I must protect my family.
Everyone think that’s right.
Parents brothers, companions, children, and irreplaceable friends and people who are indebted ….
I am ready to dedicate my aftermath to protect nature and every life.
Because the magnetic poles of the sun begin to change and eventually reach the earth.
At that time, the reversal of geomagnetism may happen.
I can not affirm when I will come, but it may be tomorrow, it may be a hundred years later.
However, I think the biggest global life crisis is a 2036 asteroid closest approach.
It is predicted that NS poles will be replaced even by merely scraping the Earth’s atmosphere.
At that time the earth’s magnetic field will be weakening more and more by the influence of the sun.
In such a case it will be hard if the nuclear power plant is not a decommissioning furnace.
Whatever the worst ending, we need human beings and a wide variety of lives to remain.
The earth itself is the Noah’s ark.
In light of the above, I made up my mind to build this site.
Also, this is not only a problem in Japan but a major problem in the world.
In the future I would like to hold hands with people all over the world and find a clue for solution.
Let ‘s think about both together.
Time is limited.
It is only our behavior that we are no longer left.
Let’s overcome this great tribulation and try hard to see the earth civilization in the brilliant future come.
And for the children to be a wonderful future for the Earth!
I will dedicate this first paper to all those living and living things and replace it with “greeting”.
“Sonney @ Ahayasawa☆Manatakara